媒介契約について

例えば、あなたが売家を持っているとします。
そしてその売家があることを聞き付けて、勝手に不動産屋が売却活動をしたと仮定します。
実は、それは違法に当たるのです。
何故なら、あなたと不動産屋がある契約を交わしていないからです。
それを「媒介契約」といいます。
つまり「あなたの不動産会社に私の売家を売却依頼します。」といった契約書を取り交わして、初めて売却活動をすることができるのです。
「媒介契約」では、次のことが決められます。
○売家をどれくらいで売却するのか。
○不動産屋に売却を依頼する期間。
○不動産屋がどのような売却活動をするのか。
○売却が決定した時、不動産屋に支払われる仲介手数料。
そして素人の売主を保護するため、「売主に不利な条項は無効とする。」ことも契約書に含まれています。
こちらマンションの売却について詳しいサイトです。
マンション売却1.net

マンションの売却を行うならまずは査定

不動産にも土地や家など様々な種類がありますが、マンションもまた多くの人が持っている大切な財産です。
そして購入後はずっと長く愛用されている方もあれば、途中で手放す場合もあります。
購入時にはかなりの資金を使っていることもありますし、手放す場合でもできるだけ高く売却したいものです。
もちろん、新築のときのような価格は難しいですが、状態の良いマンションであったり、中古でも立地が良ければ良い価格がつく場合もあります。
価格を調べるにはまずは査定を行うことが大切ですが、この場合も一社だけではなく複数社から見てもらうことがおすすめです。
業者によって査定額には差がありますからできるだけ良い価格をつけてくれるところを選びましょう。
ちなみにマンションを売る場合、以下がおすすめです。最近はインターネットでもマンションの情報は豊富ですので、周辺の物件が今どれぐらいの価格で売買されているかなども調べておくことがおすすめです。
そして、一括査定が出来るサイトでもある程度の価格を調べることができます。